40代に人気のピンキーリング|普段から使いやすいのは?

40代に人気のピンキーリングには、どういった傾向があるのでしょうか。40代に入ると、手元にも年齢の影響が出やすいのは否めません。しかし、手を美しく若々しく見せてくれるデザインをチョイスすれば、上手にカバーできるものです。

 

今回は、40代の女性におすすめのピンキーリングの選び方を詳細にご紹介します。大人の女性としてハイソなオシャレを目指す人も、ぜひともお役立てください。

40代のピンキーリングの選び方

40代の女性がピンキーリングを選ぶときは、大人の女性がつけるものとして合うかどうかも重要な要素になります。若い年代の頃のように、安っぽいものは似合わないではないでしょうか。40代になると、多くの女性がくすみやしわなど、手元に年齢を感じるようになるからです。

 

まずは、流行や若い人に人気という理由で選ぶのをやめましょう。40代の女性には、人生を重ねてきた分、それぞれの魅力が備わっています。自分の感性に合うものを、幅広く意識してみたらいいと思います。

 

また、サイズをきちんと測定して購入するようにしましょう。「サイズを測定したのは、結婚指輪をつくった時以来」という人もいるかもしれません。しかし、サイズは年齢や環境によって徐々に変化します。40代はむくみが現れやすいので、むくみが出ていないタイミングでサイズを測ってみましょう。

ピンキーリング、40代にはどういうものが人気?

40代のピンキーリングは、ハイブランドでスタイリッシュなデザインのものが日常で使いやすいと人気です。理由は左手にはめる場合でも、結婚指輪とコーディネートしやすく邪魔になりにくいから。カルティエやブルガリ・ティファニーなどが特に人気が高いブランドです。

 

ハイブランドのピンキーリングをつけると、高級感と品の良さを印象付けられるため、40代の女性にもピッタリです。実際につけてみると、1点だけでパッと手元が華やかになることが人気の理由でしょう。ごくシンプルなデザインが特に人気ですが、ハイブランドだからこその個性のあるデザインにも挑戦してみるのがお勧めできます。

 

一方で、より気軽に楽しみたい人達には、ヴァンドーム青山などお手頃価格で手に入れられるブランドが使いやすいことで人気です。休日にカジュアルなオシャレを楽しみたい時にも、おすすめです。エレガントに見せたい日と、日常で使うものとで使い分けている人も多く見られます。

まとめ

40代におすすめのピンキーリングは、年齢が出やすい指先を若く見せてくれるデザインです。シンプルながらもクォリティーの高さを感じさせるハイブランドのピンキーリングなら、普段使いにも間違いないでしょう。同年代の女性と差をつけ、大人の女性の魅力を最大限に引き出す上でも、選ぶときにはしっかり比較して選ぶといいと思います。また、むくみのない日にサイズ確認をして選ぶということも忘れないでください。