ピンキーリングを結婚指輪に

最近ではピンキーリングを結婚指輪にしている人が多くなってきていると言われています。
結婚指輪と言うとやっぱり左薬指が当たり前だと思っていましたが、今では、そうではなく、中にはピンキーリングを結婚指輪としてつけていたいと言う人が増えてきています。
どうして、そういう人が増えてきたのでしょうか?
本来、結婚指輪は、一生に一度愛する人からもらう大切な指輪です。
薬指にはめる意味も愛や幸せを誓うと言う意味もあるため左薬指にはめるのが、常識になっています。
確かに、ピンキーリングには、幸せを招く、愛情が深まるなどと言う意味合いを持っています。

 

それに大切な指輪を長くいつまでも身につけておきたいという気持ちはわかりますが、やはり、まだ、左手以外の指に結婚指輪と言うのは、ファッションリングとしてでしか周りの人は見ないというのがありますから、ピンキーリングをと考えず、やはり、何かの記念日にアニバーサリーリングとして贈るようにするほうが相手に喜ばれるかもしれません。

結婚指輪にピンキーリングを

最近は、結婚指輪は左薬指につけて、右手小指にピンキーリングをつけている人が増えてきています。
その理由の1つに左小指だと結婚指輪と当たって両方に傷が入りやすいと言うのがありますが、もう1つ、左小指にピンキーリングをはめていると、恋人募集中と言う意味があるため、結婚している人の場合は、誤解を招かないために右手にはめている人が多くなっています。

 

また、右手にピンキーリングをはめることで、変らぬ思いと言う意味を持つので、左薬指に結婚指輪、右小指にピンキーリングをはめている場合もあります。

 

右手につける場合は、幸運と健康、富の象徴とされるアクアマリンをお守り代わりにあしらうと、穏やかな精神状態を導くことが出来るため、より幸せな結婚、夫婦和合の意味がありますので、水色のアクアマリンやターコイズなどをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

 

ただし、左小指につけてしまうと未婚者だと思われ、異性を惹きつけてしまう可能性があるので、できれば、右手にはめるようにしましょう。

結婚指輪を小指に付ける人

結婚指輪を小指に付けている人が、最近増えてきていますが、どうして、結婚指輪を小指につけるのでしょうか?
確かに、ピンキーリングが、流行っているのは知っています。

 

でも、結婚指輪をわざわざ小指につけなくてもいいのではないかと思ってしまいがちですが、つけている人の中には、結婚指輪が小さくなって薬指に入らなくなってしまったから、小指につけているのと言う人もいますし、最初からお揃いのピンキーリングを購入してつけているという人もいます。

 

ただ、やはり、薬指に永遠の誓いを込めて指輪をはめるのですから、結婚指輪は、薬指につけておく方が、常識的にはいいのですが、あまり束縛されたくないという気持ちが強い場合や今の幸せが永遠に続くことを願ってつける場合は、ファッションリングとして、ペアのピンキーリングをはめて、さりげないおしゃれをしてみてはいかがでしょうか?

 

その方が、気楽につけることが出来ますし、ファッションアイテムとしてより一層女性らしさを演出できるかもしれません。