婚約指輪にピンキーリングを

婚約指輪って、昔、月収の3ヶ月分の何カラットもするダイヤがついているものや誕生石がついているものを男性から女性に贈っていましたが、ほとんどの人は、何か結婚式や御呼ばれなどがある場合だけつけて、いつもはタンスの中に入っていると言っています。

 

でも、最近はそんなに婚約指輪にこだわりを持っていない人も多く、記念に気に入ったピンキーリングを贈りたいと思っている男性も増えてきています。

 

その理由は、結婚指輪を薬指につけて、婚約指輪であるピンキーリングを重ねてつけることができるし、高価なものをつけるよりもピンキーリングに1つお気に入りの石を乗せて貰ってつけている方がいいと考えている女性が増えてきているからです。

 

昔と今は違います。
婚約指輪には決りと言うものはありません。

 

お互いが気に入ったもの、贈られる側が喜んでつけてくれるものを贈るのが、1番幸せなのですから、ずっとつけていられるものを選んで、大切に身につけておくようにしましょう。