オススメのファランジリングの付け方

ファランジリングは関節リングとも呼ばれており、指輪の重ねづけを楽しむファッションなのですが、あまりに主張が強いリングばかりをつけてしまうとオシャレではなくなってしまうので注意をしましょう。

 

オススメのファランジリングのつけ方は、まずはメインになるリングとネイルカラーを決めて、そこに同系色のリングを重ねていくという方法です。

 

例えば、ゴールドに赤いルビーの石がついたリングと、薄いピンク色のネイルを主役をする時には、同じゴールドで何の石もついていないようなシンプルなファランジリングをあわせると賑やかになりすぎずにバランス良くはめることができます。

 

他にも、シンプルに石のついていないタイプのファランジリングを人差し指と中指、薬指などに違う高さでつけると主張しすぎないのでオススメです。

 

お洋服がシンプルな時には、アクセサリーで主張して手元をゴージャスにするというのも良いですし、ファッションはバランス良く楽しむようにしたいですね。