ピンキーリングの意味

ピンキーリングの意味

 

小指にはめる指輪、ピンキーリングの意味を知っていますか?

 

ピンキーリングの意味は、右手小指にする場合と左小指にする場合、それぞれ意味が違ってきますが、小指にはめるピンキーリングの意味は、右手、左手ともに共通して、予知力、直感力が鋭くなり、思いがけないチャンスをつかむことができ、心をリラックスさせるリラックス効果があるとも言われています。

 

その他には、右手から左手に幸運が抜けると言う意味があり、右小指に指輪をつけると幸せを招き、左小指に指輪をつけると幸運を逃がさないと言う意味もあります。

 

幸せを逃したくないと思う場合は、ピンキーリングを左小指にはめておくと今の幸せが長く続きます。
ピンキーリングの意味が、左右違うため、つけている女性は、何を願っているのか、知ることが出来ます。

 

最近では、男性もピンキーリングをつけている人が多く見かけるようになって来ていますが、ピンキーリングの意味を知っている人はもちろんのこと、単におしゃれにみせたい、結婚指輪を薬指にしたくないからと言うのもあるかもしれませんが、女性同様、願いを込めて男性もピンキーリングを小指にはめてみませんか?

ピンキーリングとは

ピンキーリングとは、小指にはめる指輪のことをいいますが、最近、このピンキーリングが、若い女性だけではなく、男性にも人気があり、ファッションアイテムとしてはめている人を多く見かけます。
はめている人の中には、ただ単にファッションリングとしてはめているのではなく、きちんとピンキーリングが持つ意味を理解してつけている人もいるはずです。

 

その意味と言うのは、小指には、思いがけないチャンスをつかむことができる、心をリラックスさせる効果がある、予知力や直感力が鋭くなるなどがありますが、約束や秘密を守る等、何か願い事をする場合、小指が使われます。
それだけ、小指には、不思議なパワーがあるということになります。

 

特にピンキーリングには、右手小指から幸せが舞い込み、左手薬指から幸せが逃げていくと言われています。
幸せを求めている人は右小指に、幸せを逃がしたくない人は左小指に指輪をはめているのかもしれません。
つまり、ファッションだけでつけているわけではないということです。

いったいピンキーリングとは何?

ピンキーリングとは、いったいどんな意味を持っているのでしょうか?
ピンキーリングと言うのは、英語で小指にはめる指輪のことを指します。

 

小指は、昔から神秘的なパワーを持つ指として、色々な意味を持っています。
例えば、ゆびきりげんまんのように約束する時や赤い糸で結ばれているのが小指同士であり、見えない赤い糸で運命の人と結ばれている等と言うように愛を象徴する、幸せを招く指としてパワーストーンなどを飾り石にしたリングをつけている人が多くいます。

 

最近では、女性だけではなく、男性もファッションリングだけではなく、恋人同士でつけていたり、何か願い事、願掛けのアイテムとしてつけている人もいます。

 

このように小指につけるピンキーリングには、未来への希望、そして、願いが叶う、ラッキーチャンスを招くといった願いを込めると幸せがどんどん近づいてくる不思議なパワーを持っています。
幸せを求める人は右の小指に、今の幸せを永遠に続けて行きたいと思う人は左の小指に是非幸せを呼び込んでくると言われているピンキーリングをはめて幸せを掴むようにしましょう。