指輪を小指にする意味は

指輪を小指にする意味は

 

指輪を小指にする意味は、つける手によっても変ってきます。

 

例えば、左手の小指にする意味は、願いをかなえる力がある指ですので、今の状況から逃げたい、変えたい、変化が欲しいなどという時につけると効果があると言われています。
それとチャンスを呼び込む力が強い指とも言われていて、願い事を成就させたい、これから何かを掴もうとしている人は、左小指に指輪をつけるといいでしょう。

 

また、右手の小指にする意味は、あなた自身の魅力を発揮させる力、好感度を上げたい、行為を持っている人にあなたの気持ちを気付かせたい等、自己アピールをしたいときにつけると効果があるといわれています。

 

それと右手には、お守りと言う意味も含まれているので、パワーストーンの力を借りるとその力によって、魔よけやお守りの効果が出るとも言われていますので、誕生石等をつけるとより効果がアップします。

 

このようにどちらの小指に指輪をはめるかによってつけている意味が違ってきますので、使い分けてつけるようにしましょう。

一般的に指輪を小指にする意味は

一般的に指輪を小指にする意味として、幸せは右手から呼び込み、左手から逃げていくと言われていますので、幸せや幸運を招き入れたいと思う場合は、右手に指輪をはめて、今の幸せを逃したくないと思う場合は、左手に指輪をつけるようにしましょう。

 

昔から約束や秘密、運命の人と見えない糸で結ばれていると表現する時、必ず、小指を曲げて、まるで、糸が繋がっているかのように動かしますよね?
このように、不思議なパワーを秘めているのが、小指なのです。

 

また、このほかにも左右、つける手によっても違う意味があります。
例えば、左手に付ける場合は、夢をかなえる、かなえたい、自分の目標達成、そして、家族や恋人などの幸せや健康を願うなどと言う幅広い意味合いを持っていますので、願い事を達成したい時には、是非とも左小指に指輪をはめて過ごしませんか?
きっとあなたの願いごとが叶うようになるはずです。

 

右手、左手どちらにつけるかは、あなたの願いや思いなど、日々変化しますので、あなたの気分次第で、使い分けてつけてみてはいかがですか?

小指のリング

電車などに乗っているとふと小指のリングが目に付いたりしませんか?
それも女性だけではなく、最近は、若い男性でも小指にリングをしている人が多くなってきています。

 

小指のリングは、ピンキーリングとも言われ、右手小指、左手小指、それぞれ異なった意味がありますが、一般的に右手にするよりも左手にする人が多いです。
左手にすることで、外的ストレスから身を守るという意味があり、右手の場合は、活力をアップさせると言われています。
また、右手は権力と権威、左手に付けると服従と信頼を表すとも言われているほどです。

 

小指のリングの意味は、チャンスや秘密の象徴であり、心をリラックスさせたり、幸せが舞い込む指とも言われ、予知能力や直感力が鋭くなり、絶好のチャンスを掴みたい場合に小指にリングをはめて、お守り代わりにつけておくといいでしょう。
ただし、小指のリングは、落としやすいと言う欠点があるので、サイズを間違わないようにきちんと測ってから、購入するようにしましょう。

小指に指輪

最近、若い女性だけではなく男性も小指に指輪をファッションのアイテムとしてつけている人を見かけますが、どうして、小指に指輪をつけるのが、流行しているのでしょうか?

 

そもそも小指に指輪をつける意味は、昔から「ゆびきりげんまん嘘ついたら針千本飲ます」と言われるように秘密の約束と言う意味を持っています。
小指にはチャンスと秘密と言う意味もあり、左右どちらにつけるかによっても意味が変ってきます。

 

ほとんどの人は、その意味を知らずにただ単にファッションとしてつけていますが、どちらの小指に指輪をつけた方が今のあなたの願望を叶えてくれるか知ってつけるようにしましょう。
一般的に幸せは右手の小指に入って来て、左手の小指から幸せが逃げていくと言われています。

 

ただ、幸せは右手から入ってくるため右小指に指輪をつけると幸せを呼び込むことが出来ないとも言われていますので、幸せを呼び込みたい、逃がしたくないと思う場合は、左手に付けるようにしましょう。

 

秘密を大切に守りたい、どうしてもこれだけは叶えたいと思う願望がある場合は、右手につけておくと願いが叶うはずです。

小指にピンキーリングをつける意味は

小指にピンキーリングをつける意味は、いったいどんな意味があるのかご存知ですか?

 

英語で小指のことをピンキーと呼んでいます。
ですので、小指にはめる指輪のことをピンキーリングといい、はめる手によってピンキーリングの意味、つまり効果が違ってくるとも言われています。

 

ただ、単に小指にピンキーリングをつけているわけではなく、その人の願い事などによって、左右が付ける手が違ってきます。

 

まず、右手の小指につける効果として、表現力などが豊になる指と言われているので、自己アピールしたい、自分を表に出したいときなどにつけると効果があります。
また、お守りの意味を持っているので、誕生石やパワーストーンなどをあしらうことによって、そのパワーも強くなります。

 

左手につける効果は、変化とチャンスをもたらす指に象徴されているため、成功に向けて何か変化を求めている場合や、夢を叶えたい、成就させたい場合等につけると運気がアップします。
例えば、恋人に告白したい、素敵な人とめぐり合いたい場合などつけておくとチャンスがめぐってくる可能性があります。

小指に指輪をする意味

最近よく小指に指輪をしている人を見かけますが、何か、小指に指輪をする意味があるのでしょうか?

 

右手、左手、付ける手にも意味があります。
右手の場合は権力と権威の象徴、左手の場合は、服従と信頼を表すと言われています。

 

右の小指に指輪をする意味としては、あなたの好感度をアップさせてくれる指とありますので、気になる相手にあなたの存在をアピールするアイテムと使うとあなたの気持ちをキャッチしてもらうことが出来ます。

 

左手小指の意味は、恋人や恋愛の出会いのきっかけやチャンスがめぐって来る、つまり、変化とチャンスの象徴とも言われていますので、願い事などがある場合は、左手の小指に指輪をつけておくと絶好のチャンスがめぐって来るかもしれません。

 

まだまだ、小指に指輪をする意味としていろいろありますが、中には、意味を知らずにただ単にファッションアイテムとしてつけている人がいるかもしれません。
是非とも、あなただけでも小指につけている意味を知ってつけるようにしましょう。