ペアピンキーリングの意味は

ペアピンキーリングの意味は

 

大好きな人とお揃いのペアリングをして、いつも一緒にいたいと思うのは、男性も女性も同じ気持ちを持っています。

 

結婚指輪は、左薬指にはめるのが一般的ですが、ファッションリングをお互いどの指にはめておかないといけないというルールはありませんが、やはり、同じペアリングなんだから、同じ指にはめていたいものです。

 

また、右手か左手、どちらの手につけてどの指につければ、お互いの気持ちを強めることができるのかなどの意味も大切になってきます。
ペアピンキーリングの場合、信頼の証として左手につけているカップルも多いようです。

 

例えば、左小指につけるペアピンキーリングには、願いを成就させると言う意味もありますので、これから先一緒にいたいと思う時なんかにつけると愛が成就し結婚ということになるかもしれません。

 

左手にペアピンキーリングはつけたくないと思う場合、右手につける意味に変らぬ思いと言う意味を持っていますので、左右どちらでもつけたい手につけるようにしましょう。

ペアピンキーリングの意味とは

ペアピンキーリングをつけている若い恋人同士が増えてきていますが、どういう意味があるのでしょうか?

 

小指に指輪をつける場合、願いを成就させる指であり、変化とチャンスの象徴、自己アピール力を高めることができ、相手に好感を持ってもらえる、厄除けやお守りと言った意味があります。

 

男性から女性にペアピンキーリングを贈る場合、愛の告白と言う意味もあり、その愛の告白に応えると言う意味から、お揃いのペアピンキーリングを左小指につけているカップルも多いと言われています。

 

指輪をつける手や指にも様々な意味を持っていますので、どの指でもいいから指輪をつけようなどと考えずに、お互いの状況に変化やチャンスを求めている場合や信頼の証として、小指にピンキーリングをつけましょう。

 

そうすることで、お互いの気持ちも一層高まり、もっとお互いを理解し合えるかもしれません。
大切な人の誕生石などをあしらったペアピンキーリングを大切な記念日に贈りましょう。